中国から届いたバーナーのコスパwwwww


ポータブルなアウトドアピクニック用  ガスバーナー 折り畳める ミニ ガス バーナー キャンプ用のスチールストーブ  コンパクト   オレンジ色
ポータブルなアウトドアピクニック用 ガスバーナー 折り畳める ミニ ガス バーナー キャンプ用のスチールストーブ コンパクト オレンジ色
メーカー:安農
カテゴリー:スポーツ&アウトドア


PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナーの予備機をアマゾンで探していたところ、レビューの評価がステマによる高評価ではないものと判断し、購入を決意しました。



レビュー通りのコスパの良さに驚いています。これを千円で売って利益を得られることが何より凄いこと。


材質は見た感じだとステンレスです。軽量性には少し劣りますが、設計及び材質による強度や剛性は十分です。


登山で軽量化を極めている方にはお勧めできませんが、低山ハイキングやソロキャンプがメインの方には是非試してみてほしいです

登山におけるプラティパスの必要性

結論から言うと要らない。ペットボトルで事足りる。


一泊2日の冬山登山でのお水の量は3lほど必要になります。


今回持って行った飲食用の水分
水1lのペットボトルを2本
お茶0.5ml1本
山専ボトルにお湯900ml


登山を始める上で何と無く必要なんだろうと思って買った2lのプラティパスについて。メリットは空の状態での携帯性のみである。鍋やボトルへの移し変えは慎重に行う必要があり面倒だ。単純に利便性が悪い。強風の冬山ではこれが死活問題になりうる。


2kgのパックはザックのパッキングも悩まされる。重量重心の調整は小分けにしたペットボトルの方が簡単である。ペットボトルは空になればテント内での小便用ボトルにも使える。


アマゾンで1400円で買える。必要性が無いと判断した途端に値段が高く思える。道具の\値段は有用性との比較である。ナンガのシュラフは使うほど安く思える。何と無く必要だと思って安直に購入するのはやめよう。道具が増えると選定にも困る。